てんかんのおすすめ書籍

てんかんはいつ誰が発病してもおかしくない病気のひとつです。その症状は意識を失ってしまう、けいれんを起こしてしまう発作を繰り返してしまいます。
てんかんの発症率は100人から200人に1人とも言われていて比較的多いとも言えます。多くは小さい子供の時に発病するのですが、成人になっても発症し高齢者にその発症数が多いこともわかっています。
てんかんが発症するメカニズムとしては脳の内部にある神経細胞が何らかの条件が重なり、異常な興奮が発生してしまいそれを抑制することができずに発作を起こしてしまいます。
発作の種類としては一時的に意識を失ってしまうものがあり、10秒から15秒程度意識を失ってまたすぐに戻るものがあります。あまりに一時的に気づきにくいこともあります。
また全身を硬直させて体が震えるような重い発作もあります。このような重い発作は全身が硬直するので倒れ込んでガクガクと体が動きます。そのまま長続きすると脳自体の影響もあります。
てんかんの原因としては脳への障害が考えられており、脳炎、脳梗塞、髄膜炎や脳への外傷や低酸素状態によって起こることがあります。
てんかんという病気は正しい知識を習得したうえで治療を行うことです。まず前兆があれば早期に専門の病院などで治療を始めることです。
てんかんの治療薬としてはカルバマゼピンを成分としたテグレトールがあります。この治療薬は、脳神経の興奮を抑え高ぶってしまう気分を抑えることができます。
てんかん発作を防ぐためにもテグレトールを正しく服用しましょう。
また、テグレトールなどのてんかんの治療薬を服用する際は、副作用さけるためグレープフルーツを避けえるようにしてください。
発作を起こした場合の対処方法など日常生活でも気をつけなければならないことが多くあります。これらは専門の書籍などで習得することもできますし、医師ともよく相談をすることも大切です。
てんかんの治療は薬による治療が基本となります。薬で発作を起こすような異常な興奮が発生した場合に抑制できるようにコントロールするので、医師の指示をまもり治療を続けていくことです。