いちご鼻のメカニズムを知ろう!いちご鼻の原因と特徴

いちご鼻はどうしてできるの?

鼻の毛穴に黒いブツブツがびっしりと詰まった「いちご鼻」。

 

名前は可愛いけど、見た目は全然可愛くないですよね。

 

鼻は顔のど真ん中にあって目立つので、必死でケアしている人も多いはず。

 

ここではいちご鼻の原因と特徴についてみていきましょう。

 

いちご鼻の原因と特徴

 

 

いちご鼻とは、鼻の毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、角栓と呼ばれる芯の様なものが沢山できている状態を指します。

 

顔の脂が詰まったばかりの初期の頃は黒ずみがそれほど目立ちませんが、時間が経って皮脂や毛穴自体が酸化すると、色が濃くなり黒いブツブツに変わっていきます。

 

基本的なケアは、毛穴の汚れを取り除く方法ですが、貼って力で剥がすタイプの毛穴パックは刺激が強く、無理やり皮脂を取り除くと毛穴が開き、さらに汚れが溜まって酷くなってしまいます。

 

これを繰り返すと、肌を刺激から守ってくれている毛穴周辺の角質が厚くなり、さらに角栓ができやすくなってしまいます。

 

また、毛穴をギュッとしぼって無理やり黒ずみを押し出すのも悪化のもとになるので止めましょう。

 

毛穴や毛穴の周りの皮膚に大きなダメージが加わると、毛穴部分にクレーター状の二キビ痕ができて、毛穴に角栓がなくても毛穴が目立つようになってしまいます。

 

ケア方法については、毛穴が少しだけ詰まっている状態であれば、洗顔や保湿など日頃のケアで改善できる可能性が高いです。

 

面倒くさがらずに、毎日しっかりとメイクや余分な皮脂を落として、次の日に汚れを残さないようにしましょう。

 

 

たまに、メイクをしたまま寝るという人がいますが、これは絶対にNG。

 

できれば、毎日半身浴をして、毛穴から汗と汚れを自然に押し出すのが理想的です。

 

毛穴の角栓が既に黒くなってしまっている場合は、汗をかくことで一緒に流せるレベルではないのでピーリングも取り入れるましょう。

 

まずは、クレンジングでメイクや余分な皮脂を落とし、ピーリング効果のあるクレンジングやジェル、石鹸などを使うといいです。

 

 

肌が大きく凸凹している場合は、自宅ケアだけでは難しいので、普段から洗顔などのケアを行うと同時に、美容クリニックなどでプロにおまかせしましょう。

 

程度が軽ければ自宅ケアで十分改善が見込めますが、進行してしまうと改善までに時間がかかったり、自分では手に負えなくなってしまうので、気づいた瞬間からコツコツとケアを始めるようにしましょう。

 

肌が乾燥すると余計に皮脂が分泌され、汚れや皮脂が溜まりやすくなるので、どのケアについても保湿をしっかりすることをお忘れなく!

 

溜まった汚れを取り除くだけではなく、毛穴が詰まりにくい肌作りを意識しましょう☆